日常のうききっ

何気ない日常を気ままに載せてます. 気軽にコメント書いてくださいね♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

村上海賊の娘

201408092051458a8.jpg
村上海賊の娘(上巻)

内容紹介
『のぼうの城』から六年。四年間をこの一作だけに注ぎ込んだ、ケタ違いの著者最高傑作! 和睦が崩れ、信長に攻められる大坂本願寺。毛利は海路からの支援を乞われるが、成否は「海賊王」と呼ばれた村上武吉の帰趨にかかっていた。折しも、娘の景は上乗りで難波へむかう。家の存続を占って寝返りも辞さない緊張の続くなか、度肝を抜く戦いの幕が切って落とされる! 第一次木津川合戦の史実に基づく一大巨篇。


今年の本屋大賞ということで
気になっていたので
Amazonで上下巻取り寄せてみました。
まずは上巻読み終わりました。

最初、登場人物の説明ばかりだったし、
歴史小説があまり好きではない
というのもあって、読みにくくて
挫折しかけましたが、
少し読み進めたら面白くなって、
そこからは一気に読み進めることが
できました。

高校時代、日本史取ったくせに全然こんな
戦があったとは知りませんでした。
日本史勉強したのに、歴史好きじゃないし、
全然覚えてないんですよね(; ̄ェ ̄)
だから、クイズ番組の歴史問題、
全く解けません(笑)
こういう面白い歴史小説で覚えたら
好きになるだろうし、忘れないんでしょうね。

さっ、これから下巻です。
残り500ページ、どんな展開になるか
楽しみです♪
スポンサーサイト

| book | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

百田尚樹さんの小説

20140725223239a45.jpg
実家に帰ってきて、
やっと一週間が経ちました。
上げ膳据え膳でとても助かるのですが、
暇過ぎてやばい(; ̄ェ ̄)
とりあえずAmazonで注文した本が
毎日送られてくるので、
一日一冊ペースで読んで
なんとかしのいでます。

201407252242129a0.jpg
今読んでるのは百田尚樹さんの小説。
「海賊とよばれた男」があまりにも
良くて感動したので他の本も注文して
読んでみました。

20140725225456294.jpg
「モンスター」
美容整形と風俗について
ちょっと詳しくなれます。

2014072522545498a.jpg
「ボックス!(上)(下)」
アマチュアボクシングについて
ちょっと詳しくなります。

20140725225457791.jpg
「プリズム」
解離性同一性障害について
ちょっと詳しくなれます。

20140725231040ffd.jpg
「風の中のマリア」
スズメバチの生態について
ちょっと詳しくなれます。

次はどの作家さんの買いだめしようかなぁ。

| book | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今ハマってます

今、高野和明さんの作品にハマってます。
高野さんはあのジェノサイドを書いた作者です。

 top_book.jpg
あらすじ
急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス学者だった父は、そこで何を研究しようとしていたのか。同じ頃、特殊部隊出身の傭兵、ジョナサン・イエーガーは、難病に冒された息子の治療費を稼ぐため、ある極秘の依頼を引き受けた。暗殺任務と思しき詳細不明の作戦。事前に明かされたのは、「人類全体に奉仕する仕事」ということだけだった。イエーガーは暗殺チームの一員となり、戦争状態にあるコンゴのジャングル地帯に潜入するが…。
→ ジェノサイド


ジェノサイドがめちゃんこ面白かったので、高野さんのその他の作品を読みたくなって
アマゾンでまとめ買いしちゃいました。
こないだ読んだのが13階段
江戸川乱歩賞受賞作品です。
面白すぎて寝る間も惜しんで読んで、2日で読み終えました。

1_20120711210348.jpg
あらすじ
犯行時刻の記憶を失った死刑囚。その冤罪を晴らすべく、刑務官・南郷は、前科を背負った青年・三上と共に調査を始める。だが手掛かりは、死刑囚の脳裏に甦った「階段」の記憶のみ。処刑までに残された時間はわずかしかない。2人は、無実の男の命を救うことができるのか。江戸川乱歩賞史上に燦然と輝く傑作長編。

Amazon

難しい死刑制度の賛否について、死刑はいい、悪いだけではなくその奥に秘められた
被害者、加害者、刑務官、刑を執行するもの・・さまざまな人の感情、
法律の落とし穴なども踏まえ、小説を通じてわかりやすく教えてくれています。
緩急間も最高で、す~~っと頭に入ってくる作品でした。
デビュー作品でしかも2か月で描いた作品とは思えない完成された作品です。
まだ読まれてない方は是非読んでみてください♪

ちなみに今読んでるのは、プラチナデータ(作・東野圭吾)とK・Nの悲劇(作・高野和明)で~す。

| book | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リアル 11巻

d0896_261_news_thumb_real11-m.jpg
待ちにまったリアル11巻
11月11日ポッキーの日に発売になりました。
さっそく朝に買って電車の中で読みました。

1_20111112004510.jpg
ちなみにワンピースは11月4日に64巻が発売済み

m_4355xQ9KjU.jpg

長いこと連載をストップしていたバガボンドも
少しずつ再開に向けて準備をはじめているとのことで
連載が始まるの楽しみです♪
井上雄彦さんのHP

| book | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本男児

昨日の読書会は26人集まり、活気があって、
とても楽しい会になりました♪
昨日のテーマは「サッカーに関係する本」。
私が発表したのは長友佑都の「日本男児」です。

images_20110911083133.jpg

この本を読んで共感した部分はいっぱいあるけど、
特に引かれたのは下記の4つです。

==================================================================
①ときには背伸びすることが、高い目標へ近づける力になる。
強がって見えたとしても、その前向きな気持ちが悪い空気を消しさる事もある。
放つオーラが僕を取り囲む雰囲気を変え、人との出会いや幸運を導くんだと思う。

②壁は成長のチャンス
壁は成長のチャンスであり、きっかけ。だから僕は壁が好きだし、
壁に出会いたいと挑戦を続けている。

③リスペクトする気持ちが人間関係を良好にする。
まず「監督を好きになろう」と考える。リスペクトする気持ちがないと、
その監督のもとで戦えない。「なんだこの監督」と思っていると、それがプレーに出る。
チームメイトや友達に対しても同じ。いいところをたくさん見つけて付き合いたい。

④豊かな才能がないから人の何倍も努力する。
でっかいじぶんになるために、その努力は惜しまない。
そして、人一倍やったという事が自信につながっている。 
==================================================================

とても共感でき、ますます長友を好きになりました。
壁にぶち当たるとストレスに感じる人は多いと思うけど、
私も長友と同じように壁に当たるのが大好きで、
辛いとか苦痛とか思わない性質です。
これを乗り越えると違う自分になれるんだってワクワクしてしまいます。

また、頭良くないし、人よりできないから
人一倍やらなきゃいけないのも知ってるので
努力で頑張っているつもりです。

そして、私も長友選手を見習って
もっともっと人の良い面を見ていける人に
なれるよう努力していきたいと思いました。



次回の読書会は10月17日(月)、場所は新宿で、
テーマは累積納税額日本一の「斎藤一人さんに関する本」です。
興味がある人は連絡くださいね~~♪


今日の一枚はこちら→うききっな写真館

| book | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。