日常のうききっ

何気ない日常を気ままに載せてます. 気軽にコメント書いてくださいね♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

たまご

f445353e.jpg
画像参照
こないだ実家が養鶏場という人と話をする機会があったので
聞きたいこといっぱい聞いちゃいました。

殻の赤い卵と白い卵の違いはあるのか?
羽の色の白い鶏は白い卵を産み、赤鶏は赤い卵を産む。
白鶏よりも赤鶏の方が飼料をたくさん食べる割に、卵の産卵量は少ない傾向があることや
赤鶏がそもそも白鶏より少ないことから、赤玉は値段が高くなっているのが一般的。
飼料中のミネラル分などは、産卵量が少ない分卵1個に多く移行すると言われてはいるが
同じ飼料を与えた場合、白卵と赤卵の成分はほとんどかわらない。

有精卵と無精卵の違いは?
メスの中にオスを入れて育てた時、有精卵になる。
有精卵を産ませるにはとても手間がかかるために値段が高くなる。
ただ栄養価には違いがないため、日本で売られている卵はほとんどが無精卵。

卵の大きさは鶏の大きさの違い?

若い鶏は老鶏に比べて、小さくて硬い卵を産む、歳を取るほど大きな卵を産む。

2L : 生後18ヶ月以降の成熟しきった鶏の一部。
L : 生後10ヶ月~24ヶ月位の成熟した鶏が産む。
M : 生後6ヶ月~12ヶ月位までの若い鶏が産む。
MS : 生後5ヶ月~8ヶ月位までの幼い鶏が産む。
S及びSS : 生後4ヶ月半~5ヶ月半位までの鶏が産む。

ちなみに白鶏は卵を産む専門で、
焼くと肉が固くなっちゃうので食用には向いていないそうです。
2年経過すると卵を産まなくなってくるそうで、
そしたらリストラされちゃうんだって。
鶏の世界は厳しいぃぃ。
参考→卵の知識

| ちょいと | | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

友人の息子さんが、父上が養鶏所を経営する方と結婚するって・・・同じように、いろんな事教えてもらいました。

黄身が2個あると、相対的に商品価値が下がってしまう・・・
これは悩みだそうです・・・?

| 爺児 | 2012/07/17 22:40 | URL | ≫ EDIT

〉爺児さん
黄身2つだと値段下がるんですか?
得した気分になるし、逆に値段あがると思ってました。

| しー | 2012/07/19 23:36 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。