日常のうききっ

何気ない日常を気ままに載せてます. 気軽にコメント書いてくださいね♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祝日

2016年から、国民の祝日に新たに
「山の日」が追加されます。
山の日については下記参照してもらえば
いいとして、今回は祝日についておさらい。
山の日について

国民の祝日は下記の15日。
(2014年は2日間振替休日あり)

【2014年(平成26年)の祝日】
1月1日 元日
1月13日 成人の日
2月11日 建国記念の日
3月21日 春分の日
4月29日 昭和の日
5月3日 憲法記念日
5月4日 みどりの日
5月5日 こどもの日
5月6日 振替休日ら
7月21日 海の日
9月15日 敬老の日
9月23日 秋分の日
10月13日 体育の日
11月3日 文化の日
11月23日 勤労感謝の日
11月24日 振替休日
12月23日 天皇誕生日


今日の一枚はこちら→うききっな写真館

詳しくは⤵︎


【国民の祝日】
1月1日 元旦
「年のはじめを祝う。」

日本ではかつて皇室行事である四方拝にちなみ、四方節(しほうせつ)と呼ばれて祝祭日の中の四大節(紀元節、四方節、天長節、明治節)の一つとされてきた。

1月13日 成人の日
1月第2月曜日
「おとなになったことを自覚し、
みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。」

1948年公布・施行の祝日法によって制定された。制定から1999年までは毎年1月15日だった。成人の日を1月15日としたのは、この日が小正月であり、かつて元服の儀が小正月に行われていたことによるといわれている。

2月11日 建国記念の日
政令で定める日
「建国をしのび、国を愛する心を養う。」

神武天皇が即位した日を日本の建国された日として祝うこと(紀元節〔きげんせつ〕)は、戦後占領軍の意向で祝日から削除された。 しかしその後、紀元節を復活させようという動きが高まり、反対する動きを抑え建国を記念するための祝日を設けることになった。 その際「紀元節」から「建国記念の日」に改正され、1966年に国民の祝日に認められて、翌年から適用された。

3月21日 春分の日
「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」

春分日(天文観測により春分が起こるとされる日)が選定される。
1948年(昭和23年)に公布・施行

4月29日 昭和の日
「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、
国の将来に思いをいたす。」

昭和天皇の誕生日

5月3日 憲法記念日
「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。」

1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法が施行されたことを記念して、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法によって制定された。

5月4日 みどりの日
「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、
豊かな心をはぐくむ。」

1948年(昭和23年)の祝日法施行以来、昭和天皇の誕生日である4月29日は、国民の祝日である「天皇誕生日」とされていた。その後1989年(昭和64年)1月7日の今上天皇即位により、天皇誕生日は今上天皇の誕生日である12月23日に改められることとなったが、ゴールデンウィークの一角を構成する祝日を廃止することによる国民生活への影響が懸念されたことから、4月29日を「みどりの日」と改めた上で祝日として存続させることとなった。その後、2005年(平成17年)の祝日法改正により、2007年(平成19年)以降は「みどりの日」を5月4日に移動し、4月29日を「昭和の日」とすることとなった。

5月5日 こどもの日
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」

5月5日は古来から端午の節句として、男子の健やかな成長を願う行事が行われていた。大正時代には「児童愛護デー」として活動を行っていた団体が存在し、国会にこどもの日を祝日とする請願が寄せられた際にも5月5日を希望するものが多かったためである。

7月21日 海の日
7月第3月曜日
「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」
海の日は、1995年(平成7年)に制定され、1996年(平成8年)から施行された日本の国民の祝日の一つである。制定当初は7月20日だった。2003年(平成15年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)により、7月の第3月曜日となった。

9月15日 敬老の日
9月第3月曜日
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。」

兵庫県多可郡野間谷村の門脇政夫村長と山本明助役が1947年(昭和22年)に提唱した「としよりの日」が始まりである。1950年(昭和25年)からは兵庫県全体で行われるようになり、後に全国に広がった。その後「としより」という表現は良くないということで1964年(昭和39年)に「老人の日」と改称され、翌年に野間谷村からの政府への繰り返しの働きかけもあり、国民の祝日「敬老の日」に制定された(「こどもの日」「成人の日」があるのに敬老の日がないのはおかしいと声を上げ続けたという)。

9月23日 秋分の日
「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」

秋分日
休日としては、1878年(明治11年)改正の年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ムによる秋季皇霊祭から続くもので、1947年(昭和22年)に廃止される休日ニ關スル件までこの名称だった。

10月13日 体育の日
10月第2月曜日
「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。」

1964年(昭和39年)の東京オリンピックの開会式が行われた10月10日を、1966年(昭和41年)から国民の祝日とした。

11月3日 文化の日
「自由と平和を愛し、文化をすすめる。」

1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日であり、日本国憲法が平和と文化を重視していることから、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法で「文化の日」と定められた。日本国憲法は、公布から半年後の1947年(昭和22年)5月3日に施行されたため、5月3日も憲法記念日として国民の祝日となっている。

11月23日 勤労感謝の日
「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。」
もともとの起源は戦前の新嘗祭(にいなめさい)であり、
稲の収穫を感謝する儀礼であったとされています。

12月23日 天皇誕生日
「天皇の誕生日を祝う。」

今上天皇の誕生日を祝う日。

| ちょいと | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。