日常のうききっ

何気ない日常を気ままに載せてます. 気軽にコメント書いてくださいね♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近観た映画

こないだ観た映画は以下の6作品。

20140702064447c20.jpg
ハラがコレなんで

20140702070210a11.jpg
ウォンテッド
※観るの二回目

20140702065817c13.jpg
グランドイリュージョン

201407020658167fa.jpg
ルームメイト

201407020658159d0.jpg
謝罪の王様
エンディングが映画には関係ない
E-girlsのプロモーション?みたいになってた。
→http://youtu.be/uJ3yDf3PPJA

20140702070212ffd.jpg
さよなら渓谷
あらすじ
『悪人』『横道世之介』などの原作者として知られる芥川賞作家・吉田修一の小説を、『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣監督が映画化。幼児が殺害された事件をきっかけに暴かれる一組の夫婦の衝撃的な秘密を描きながら、男女の愛と絆を問う。愛と憎しみのはざまで揺れるヒロインの心情を、真木よう子がリアルに体現。その夫役には、大西信満がふんするほか、大森監督の実弟である大森南朋をはじめ、井浦新、新井浩文ら実力派が名を連ねる。

緑が生い茂る渓谷で幼児の殺害事件が発生し、容疑者として母親が逮捕される。隣の家に住んでいる尾崎俊介(大西信満)がその母親と不倫していたのではないかという疑惑が、俊介の妻かなこ(真木よう子)の証言によって浮かぶ。事件を取材する週刊誌の記者、渡辺(大森南朋)がさらに調査を進めていくうちに、尾崎夫妻をめぐる15年前の衝撃的な秘密にたどり着き……。


被害者と加害者が愛し合い
夫婦としてやって行くとか
実際にあるんでしょうか?
愛の形について考えさせられる作品でした。

| 映画 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。